テサランの成分クロルヒドロキシアルミニウムって?効果は?副作用は?

汗を抑える成分と聞いて何を思い浮かべますか?

塩化アルミニウムを思い浮かべた方も多いと思います。
それもそのはず、制汗に効果があるといわれている有名な制汗剤の多くは、塩化アルミニウムによって汗を抑えています。

テサランの成分を見ても、塩化アルミニウムが含まれていません。
テサランでは、塩化アルミニウムの代わりに、クロルヒドロキシアルミニウムによって手汗を抑えています。

テサラン公式サイトはこちら

クロルヒドロキシアルミニウムの効果は!?

クロルヒドロキシアルミニウムは、汗腺を収縮させることによって、手汗を抑制しています。
この、汗腺を収縮させることによって、手汗を抑制するという仕組みは、塩化アルミニウムと同じです。

しかし、塩化アルミニウムは、刺激が強い成分であるため、かゆみや炎症、肌荒れなどを引き起こす可能性があります。

ですので、肌が敏感な方や弱い方は使用を避けた方が無難です。

クロルヒドロキシアルミニウムは、塩化アルミニウムと比べ、制汗性は劣るものの、刺激が強くない分、肌トラブルのリスクは低くなります。

クロルヒドロキシアルミニウムの副作用は!?

クロルヒドロキシアルミニウムは、ベビーパウダーなどにも使われていて、肌への刺激が少ない成分です。
ですので、塩化アルミニウムと比較して、かゆみや炎症、肌荒れなどの肌トラブルを引き起こす可能性は低いです。

肌トラブルを引き起こす可能性はゼロではないので、敏感肌の方や肌が弱い方は注意が必要です。

以前、クロルヒドロキシアルミニウムは、発がん性のある成分なのではないか、と言われていました。
しかし、発がん性について医学的根拠が乏しく、クロルヒドロキシアルミニウムは発がん性のある成分であるとの断定はされなかったようです。

クロルヒドロキシアルミニウムでも肌トラブルが起きた方や、発がん性について心配な方は、ミョウバン水を試してみてください。
ミョウバンにも汗腺を収れんさせる効果があり、手汗をとめる効果があります。

ミョウバン水の作り方はいたって簡単!
1.5リットルのペットボトルに、ミョウバン(または、焼きミョウバン)50グラムと水道水をいれて混ぜれば完成です。
冷蔵保存であれば1か月ほど持ちますが、腐敗したミョウバン水は肌荒れの原因となるので、できるだけ早く使い切りましょう。
ミョウバン水は安価で作ることができるので、ミョウバン水になにか異常を感じたらそれは捨ててしまい、新しく作り直した方がいいです。