テサランは脇汗にも効果あり!?人気脇汗対策商品と成分を比較してみた

「手汗を抑えられるなら脇汗も抑えられるかな?」

手汗に悩んでいる人のなかには、脇汗や腋臭にも悩んでいる人も多くいると思います。
テサランには、汗を抑制する成分が入っているのだから脇汗にも効くかも!

そう思いながらテサランの口コミを見返していたら、「脇汗にも効果があった!」という口コミを発見!

口コミでは、脇汗にも効果があったとされているけど、実際はどうなんだろう?
何かたしかめる方法はないかな…

思いつきました!
脇汗対策に効果があるとされている人気商品とテサランの成分を比較してみて、似たような成分が使われていたら、テサランは脇汗にも効果があるといえるのではないか。
そう思い、成分を比較してみました!
テサラン公式サイトはこちら

そもそも、発汗の仕組みは一緒なのか?

似たような成分によって汗が抑えられるのは、手汗と脇汗の発汗の仕組みが同じ場合です。
そこで、それぞれの汗の仕組みを調べてみました。

手汗が出る仕組みは!?

手汗は主に、温熱性発汗と精神性発汗に分類されます。
温熱性発汗は、温度が暑いときや運動したときなどにでる、体温を調節する目的の汗です。
精神性発汗は、ストレスや緊張しているときなど、交感神経が活発に働いているときにでる汗です。

そして、汗を出す汗腺も2つあります。
1つ目は、エクリン腺という汗腺で、体全体にある汗腺です。
このエクリン腺から発汗する汗は、99%が水分でできていて汗自体は無臭です。

2つ目は、アポクリン腺という汗腺で、主にわきの下や耳など体の一部にある汗腺です。
このアポクリン腺から発汗する汗は、アルカリ性の汗で、汗自体に臭いがあります

手から出る汗は、エクリン腺から出ている汗なので、汗自体は無臭です。
しかし、雑菌などが繁殖することによって臭いを発することがあります。

脇汗が出る仕組みは!?

脇にも、もちろんエクリン腺はあるので、その汗腺から発汗します。

ただ、脇にはアポクリン腺があります。
アポクリン腺から出る汗には、アンモニアやたんぱく質、糖質、脂質、鉄分などの成分が含ませていて、汗自体から臭いを発します。

また、このアポクリン腺から出た汗が、エクリン腺から出たサラサラの汗によって広げられることによって、さらに臭いを広げることにつながります。

発汗についての小括

  • 手汗の原因はエクリン腺
  • 脇汗の原因はエクリン腺とアポクリン腺
  • エクリン腺から出る汗は無臭
  • アポクリン腺から出る汗は臭う

テサランとノアンデの成分を比較!

手汗、脇汗のそれぞれの仕組みがわかったので、成分を比較してみたいと思います。

今回は、脇汗対策商品として人気・評判が高い【ノアンデ】 の成分と比較してみました。

ノアンデの成分は!?

ノアンデは汗を抑える成分として、フェノールスルホン酸亜鉛が入っています。
また、菌の繁殖を抑える成分として、シメン-5-オール(イソプロピルメチルフェノール)が入っています。
さらに、臭いを抑える成分として天然由来の、カキタンニン、シャクヤクエキス、チャエキス、ハマメリスエキス、甘草、オトギソウエキス、アロエエキスが配合されています。

公式サイト に成分一覧が記載されていたので引用しておきます。

■有効成分:フェノールスルホン酸亜鉛/シメン-5-オール
■その他の成分:柿タンニン、プラセンタエキス-1、茶エキス-1、シャクヤクエキス、ヒメフウロエキス、スターフルーツ葉エキス、ヨクイニンエキス、ワレモコウエキス、アロエエキス-1、ローズマリーエキス、マロニエエキス、アルニカエキス、ハマメリスエキス、セイヨウキズタエキス、オトギリソウエキス、ブドウ葉エキス、グリチルリチン酸2K、メントール、クエン酸Na、炭酸水素Na、炭酸Na、エタノール、BG、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペタシロキサン、PEG-9 ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、塩化Na、フェノキシエタノール

テサランの成分は!?

テサランは、汗を抑える成分として、クロルヒドロキシアルミニウムが配合されています。
そして、菌の繁殖を防ぐ成分として、イソプロピルメチルフェノールが配合されています。
他にも、カキタンニン、天然ビタミンE、塩化ナトリウム、ツボクサエキス、オウゴンエキス、イタドリエキス、カンゾウエキス、チャエキス、エタノールといった成分が配合されています。

こちらも、公式サイト に成分一覧が記載されていたので、引用しておきます。

 

有効成分:クロルヒドロキシアルミニウム、イソプロピルメチルフェノール
その他の成分:精製水、デカメチルシクロペンタシロキサン、DPG、メチルポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、架橋型メチルポリシロキサン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジプロピレングリコール、d-δ-トコフェロール、クエン酸ナトリウム、イソノナン酸イソトリデシル、天然ビタミンE、シリル化処理無水ケイ酸、1,2-ペンタンジオールソルビット液、塩化ナトリウム、カキタンニン、BG、エタノール、フェノキシエタノール

菌の繁殖を抑える成分は同じ!?

臭いのもととなる菌を抑える成分として、ノアンデは、シメン-5-オールが使われていて、テサランは、イソプロピルメチルフェノールが使われています。

実は、シメン-5-オールは、イソプロピルメチルフェノールの別名なんです。
ということは、テサランもノアンデ同様に、アポクリン腺から出る汗のにおいを抑えることができるということですね!

ちなみに、イソプロピルメチルフェノールは、殺菌効果がある成分なので、ニキビ治療薬や歯みがき粉なんかにも配合されています。

制汗成分はどうなの?

汗を抑える成分として、ノアンデは、フェノールスルホン酸亜鉛が使われ、テサランは、クロルヒドロキシアルミニウムが使用されています。

フェノールスルホン酸亜鉛は、パラフェノールスルホン酸亜鉛とも呼ばれ、収れん効果がある成分です。
汗に含まれるたんぱく質と反応して凝固物を作り出し、汗腺にふたをすることによって、汗を抑制します。

クロルヒドロキシアルミニウムも、収れん効果がある成分です。
汗腺を収れんさせることによって汗を抑えています。

ノアンデとテサランでは、汗を抑える成分は異なっています。
しかし、他の脇汗対策商品では、制汗成分としてクロルヒドロキシアルミニウムが使われていました。

まとめ

菌の繁殖を抑える殺菌成分は、ノアンデ・テサランともに、イソプロピルメチルフェノールという同じ成分だった。

制汗成分は、ノアンデとテサランでは、異なっていたが、テサランの成分であるクロルヒドロキシアルミニウムが使われている脇汗対策商品もあった。

以上の点から、脇汗対策商品であるノアンデと手汗対策商品であるテサランは、同じような成分が使われていることから、テサランは、脇汗にも効果があるといえそうです。

この記事を執筆しているときに気が付いたのですが、脇汗、腋臭に効くという記述がありました!

脇汗対策商品と似たような成分を使っていること、販売会社が脇にも効くと表記していることから、安心してテサランで脇汗も対策することができますね♪
テサラン公式サイトはこちら

脇汗対策商品「ノアンデ」が気になる!という方は、公式サイトをチェックしてみてください!
ノアンデ公式サイトはこちら